キッチンから浴室、トイレまで水回りのリフォームにかかる費用の相場は?

水回りのリフォームでかかる費用の相場

対処すべき不具合

不具合の原因を見極める

例えば水漏れであった場合はまず、どこから水漏れが発生しているのか場所を見つけましょう。
漏れている水の量に関わらず、必ず水道料金が上がりますから早急に対処したいものです。
トイレの場合配管のナット部分の緩みなら工具えを使って修復可能ですが、パッキングの劣化の場合はかなり困難になります。
この場合紐状のシール材などで対応できることもあります。
キッチンの水はねは以外に多くの弊害があります。
毎日のことなので建物にも影響する木材の劣化に繋がりますし、カビやばい菌の繁殖によって健康的にも良くはありません。
小まめに洗い物をして、水切りをしっかりしてから収納するサイクルを早めにしましょう。
蛇口のみ交換して高さを変える工夫も大事です。
浴槽の排水溝の水つまりもやはり問題ですね。
こちらはトイレ掃除用ラバーカップが役立ちますよ。

修理用アイテムを探そう

最近水回りの修理アイテムもたくさんあります。
防水補修テープは防水仕様で取り付けも簡単カーブにも対応できます。
シリコンゴム製のラップテープはメジャーでベタつかず剥がした後も綺麗です。
大きな範囲ではシートテープが活躍します。
価格も500円から3000円ほどで安価です。
トラブルの内容に応じて、性能の違いを考慮して選択しましょう。
高いものが当然対応範囲が広がります。
ただしこの場合は基本的原因の修復でなく一時的なものなので、根本的対処が自分でできない場合はやはり専門業者の助けが必要です。
原因がパッキンの劣化のみであればサイズが合えばネットでも販売しているので交換ができます。
あくまでも場合によってですが、まず試してみるのも良いでしょう。


この記事をシェアする