キッチンから浴室、トイレまで水回りのリフォームにかかる費用の相場は?

水回りのリフォームでかかる費用の相場

希望するリフォームの場所によって差が出る価格

ネット検索をすると沢山の相談窓口が出てきます。 まずは公正中立を謳っている公共団体のサービスを利用するのもいいですね。 また不動産情報サイトの会社も無料相談を受け付けています。 リフォーム仲介会社はリフォーム会社と結託していることもないとは言えませんからどの場合も口コミ参照は必要です。

たくさんの相談窓口を上手に活用する方法

ひと口に水回りのリフォームと言っても、当然場所によって価格は異なります。
一番コストが係るのは何といってもキッチンではないでしょうか?
通常広さにもよりますが、平均100万から150万が相場と言われています。
この価格には人気のシステムキッチンも含まれています。
システムキッチンそのものは、スペースなどの問題がなく古いキッチンを新しくしたいだけで特に素材に拘らないのであれば30万以下でも可能です。
キッチンは料理好きのお城ですから、人気のスライドレールを使用したり、水の音をおさえた、サイレントシンクや必須とも言える、食器洗浄乾燥機付きなど最新のアイテムを揃えるとなるとかなり高額になります。
それ以上の費用になる場合は場所移動など撤去にかかる工事費の加算があった場合でしょう。

浴室はほぼ同額ですが、キッチンより面積が狭いので最低50万から可能です。
価格に開きがあるのはオーダーメイドのお風呂かユニットバスかの選択によります。
ユニットバスはそっくりそのまま箱状なので部分的と言うのはかえってコストがかかるとも言われています。
最近は自宅のお風呂も癒しの空間として内装に重点をおいた、サーモスバスなど、冬場でも温かさが持続するものを希望したり、浴槽そのものにも様々なバリエーションがありますので、そこに重点をおいたりすると費用はぐんとかさみますね。
トイレの場合も和式から様式へ、或いは便座のみ交換など5万くらいで済むものから色々です。
30万から50万かけるとかなりゴージャスに変身できます。
タンクレスにして、別途に手洗い場を設置したり、専用収納キャビネットをつけたりできます。
いずれにしてもリフォームの価格はどこまで望むかによって大きく差が出るという事でしょう。

対処すべき不具合

お風呂の大量なカビの発生や、排水溝のつまりや水漏れなど、様々なトラブルがあります。 具体的にどのような対処方法があるのでしょうか。 中には自分でできるものもありますのでやるだけやってみましょう。 どうしても解決が望めない場合はやはり専門業者に依頼しましょう。

良い業者の見極め方

安心の業者選びには幾つかのポイントがあります。 様々なリフォームに対応できる実績と見積もりやアフターサービスに関する質問にきちんと対応してくれるかなど真摯な姿勢を感じ取れるかも大切です。 サイト検索以外にも自分の目で耳で確認するアナログな作業が実は大切です。